ししまるのインデックスファンドで資産運用 インデックスファンド

ししまるのインデックスファンドで資産運用

ししまるが、インデックスファンドでの長期分散投資に挑戦する実況中継的なブログ。


スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インデックスファンドを比較する  このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、証券会社も決まったところで、いよいよインデックスファンドを買おうと思います。

が、

インデックスファンドが多すぎる!

一口にインデックス(指標)といっても、たくさんのインデックスがあります。

主なものをあげても、

* 株価指数
o 日経平均株価 (日本)
o 東証株価指数(TOPIX) (日本)
o ダウ平均株価(米国)
o NASDAQ総合指数(米国)
o S&P500(米国)
o MSCIコクサイ・インデックス(日本を除く先進国)

* 債券指数
o NOMURA-BPI(日本)
o シティグループ世界国債インデックス(世界)
o リーマン・ブラザーズ米国総合インデックス(米国)

* REIT
o S&Pシティグループ・グローバルREITインデックス(世界)
o 東証REIT指数(日本)

* コモディティ
o ロイター・ジェフリーズCRB指数
o ダウ・ジョーンズAIGコモディティ指数

などがあります。

さらに、例えば日経平均株価に連動するインデックスファンドを買おうと思っても、たくさんの会社が日経平均株価に連動するインデックスファンドを出しているので、はっきり言ってどれを買っていいのか分かりません。

じゃあどうすればいいのか!?

とりあえずししまるはコストが安いインデックスファンドを買うことにしました。
調べたところ、

・CMAMインデックスeシリーズ
・eMAXISシリーズ
・STAMインデックスシリーズ

以上の3シリーズが、なんだか手数料が安そうです。
なので、この3つを比較してみる事にしました。

メリットの大きい方を赤い数字で記します。

投資対象 CMAM STAM eMAXIS
日経225 なし 0.42% 0.42%
TOPIX 0.3885% 0.4725%(0.05%) 0.42%
先進国株式 0.525% 0.63%(0.05%) 0.63%
新興国株式
なし
0.6825%(0.3%)
0.63%(0.3%)
日本債券
0.3885%
0.42%(0.05%)
0.42%
先進国債券 0.525% 0.5775%(0.05%) 0.63%
新興国債券 なし 0.63%(0.3%) 0.63%(0.3%)
日本リート なし 0.525%(0.05%) 0.42%(0.3%)
海外リート なし 0.6825%(0.05%) 0.63%(0.3%)

こうしてみると、CMAMが手数料が安そうですね。
CMAMで扱っていない、新興国株式と新興国債権はeMAXISを買おうと思います
(゚∀゚ )



スポンサーサイト
( 2010/11/13 19:02 ) Category インデックスファンド | TB(0) | CM(0)

経済学的にもっとも合理的な投資法   このエントリーをはてなブックマークに追加

経済学的にもっとも合理的な投資法とは?

世界市場ポートフォリオのインデックスファンドに投資する!

これだけです。

でも、世界市場ポートフィリオって何?
インデックスファンドって?

という方も多いと思いますので、少し説明いたします。

【インデックスファンド】
インデックスファンドとは、投資対象となる市場全体の動きに連動することを目指す投資信託のことです。

日本の株式市場には、日経平均株価(日経225)やTOPIX(東証株価指数)などの株価指数(インデックスと言います)があります。たとえば、日経平均連動型のインデックスファンドであれば、日経平均株価に連動しているということになります。

個別銘柄で株を買うよりも、リスクを低く抑える事ができます。

手数料が安いところも魅力です。


【世界市場ポートフォリオ】
世界市場ポートフォリオとは、現在であれば、世界市場における時価総額は

米国が約50%
日本が約15%
ロンドン、ヨーロッパがそれぞれ約15%
その他が約5%

となっているので、それぞれの市場のインデックスを時価総額の比率に応じて保有することです。

つまり、「世界市場ポートフォリオのインデックスファンドに投資する」という事は、

証券会社でインデックスファンドを買いましょう。そして世界市場と同じ比率で分配しましょう!

という事です。

もっと詳しく知りたい方は、橘玲さんの「臆病者のための株入門」を読むといいです。






( 2010/11/13 01:34 ) Category インデックスファンド | TB(0) | CM(1)
プロフィール
Twitterボタン


月別アーカイブ
最新トラックバック
全記事表示リンク
Ads




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。