ししまるのインデックスファンドで資産運用 【書評】「超簡単 お金の運用術 (朝日新書)」  山崎元

ししまるのインデックスファンドで資産運用

ししまるが、インデックスファンドでの長期分散投資に挑戦する実況中継的なブログ。


スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【書評】「超簡単 お金の運用術 (朝日新書)」  山崎元  このエントリーをはてなブックマークに追加

書評ってほどではないのですが、これから投資を始めたいという方向けにオススメ本の紹介をしていこうかと思います。

さて、今回紹介する本は、「超簡単 お金の運用術 (朝日新書)」です。

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
(2008/12/12)
山崎 元

商品詳細を見る


この本は名前の通り、お金の運用術を超簡単に教えてくれます。

しかも、この山崎元というおじさんの語り口が、かなりバッサリしていて面白いです。

まず、ししまるはこの本の「はじめに」を読んでビックリしました。

P.4

理由はどうでもいいから、結論だけを知りたいという人は、共に第一章の、40ページにある「超簡単お金の運用法 その2 リスク調整可能型」の周辺と、50ページ以下の「<重要な補足>運用対象の変更の可能性」の項目を数ページだけ読んでいただけると、答えが書いてある。


いきなり答えの場所が書いてあるよ!

P.6

こうした顧客にとって不利な商品な販売を後押ししているのが、金融ビジネス側に好都合なバイアスのかかった、歪んだ情報提供だ。
たとえば、インデックス型の投資信託から入門してなぜかアクティブ型の投資信託に「チャレンジ」する手順になっていたり、自分が買った株式などの価格が一定割合下落したら自動的に損切りすべし(下落の理由を考えて、あくまでもその時点の価格に対して判断をするのが正しい)といっていたり、というような、合理性を欠く内容を、厚かましくも「金融リテラシー」などと読んで恥じない者もいれば、…


いきなり勝間さんをdisってるよ!


と、のっけからかなり飛ばしています。

そして、ししまるが一番驚いたのが、株価が下がって損をした時のアドバイスです。

■投資額が小さい場合
損をした絶対額自体が小さいので、それほど気にしなくていい

■投資額が大きい場合
損失の絶対額が大きいが、残りの資産額も大きいので、残念だけどピンチではない

■老人の場合
残りの人生が短いから、それだけ残りの人生に費用がかからない。残念だろうけど、生活に支障がでなければいいのでは。



そんなんで納得できるかー!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

と、正直本を読みながらちゃぶ台をひっくり返しそうになりましたが、多少強引な点を除けば全体的によい本なので、これから投資を始めたいという方は買って損はないと思います。

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)をアマゾンで購入

スポンサーサイト


( 2010/11/27 00:52 ) Category 本の紹介 | TB(0) | CM(0)


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Twitterもやってますので、フォローお願いします。@sisi_marun
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Twitterボタン


月別アーカイブ
最新トラックバック
全記事表示リンク
Ads




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。