ししまるのインデックスファンドで資産運用 【書評】「会計天国」 竹内 謙礼 青木 寿幸

ししまるのインデックスファンドで資産運用

ししまるが、インデックスファンドでの長期分散投資に挑戦する実況中継的なブログ。


スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【書評】「会計天国」 竹内 謙礼 青木 寿幸  このエントリーをはてなブックマークに追加

会計天国会計天国
(2009/04/21)
竹内 謙礼 青木 寿幸

商品詳細を見る


個別銘柄株に投資する人なら、投資対象となる会社の決算書を読む必要があるでしょう。

この本ではライトノベルを読みながら決算書を読めるようになる良書です。

主人公は経営コンサルタントの北条健一(52歳)。
彼は物語の開始早々、交通事故に遭います。

そして生死の境をさまよう彼の前に現れたのは、黒スーツにオールバックの天使『K』。

北条は現世への復活をかけて、5人の人物を幸せへと導くゲームを始めます。会計の知識を使って…。


貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書の読み方を楽しく学べます。

ししまるは第四章の部長は部の決算書を作る必要があるという話が一番面白かったです。

とある会社の部長を救うため、清掃係のおじいさんに乗り移った主人公と部長が話し合います。

P.225
「部署の決算書を作らないかぎり、本当に利益を稼ぐことができているのか、そして最終的にいくらのお金が入ってくるのか、分からなくなってしまうぞ。それだと、本来なら、部下の給料すら決められないはずじゃ」
「部下の給料?」
「そうじゃ、今、部下の給料は誰が決めている?」
「そりゃあ、私が評価していますが…」
「どうやって評価しているんじゃ?まさか、各自が稼いだ売上で評価しているんじゃないだろうね?売上さえ上げればいいなら、一枚1万円で仕入れたガラスを1000円で売っても評価は良くなるってことじゃな。そんな簡単なビジネスなら、小学生でもできるぞ」
「いくらなんでも、そんなバカなことはやらないでしょ」
「ほぉ、やらないという証拠は?」
「そ、それは…私と部下の間に信頼関係がありますから」
「その信頼関係で給料が決まっているとすれば、信頼できない社員の給料は安くなるってことなのか?最悪な評価方法じゃな」

部下の評価は、売上ではなく利益で評価する必要があり、その為には部署の決算書を作る必要があるという事ですね。

ししまるは、うちの部長が決算書を作っているのか、今度の忘年会で訊いてみようと思いました(^^

会計天国をアマゾンで購入
スポンサーサイト


( 2010/12/18 18:53 ) Category 本の紹介 | TB(0) | CM(0)


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Twitterもやってますので、フォローお願いします。@sisi_marun
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Twitterボタン


月別アーカイブ
最新トラックバック
全記事表示リンク
Ads




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。