ししまるのインデックスファンドで資産運用 アセットアロケーション(資産配分)を考える その1

ししまるのインデックスファンドで資産運用

ししまるが、インデックスファンドでの長期分散投資に挑戦する実況中継的なブログ。


スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アセットアロケーション(資産配分)を考える その1  このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は

アセットアロケーションとはなんぞや?

という話なのですが、アセットアロケーションとは資産配分の事です。

資産にはいろんな種類があります。

ざっくり分けると

【流動性資産】
銀行預金
郵貯

【株式】
日本株式
先進国株式
新興国(エマージン)株式

【債権】
日本債券
先進国債権
新興国(エマージン)債権

【その他】
日本REIT(不動産)
先進国REIT(不動産)
コモディティ


などです。

この配分をどうするかというのがアセットアロケーションです。
内藤忍さんによると「投資の成果は80%が資産配分で決まる!」とのこと。

それほどアセットアロケーションは大事なのです!キリッ!

それではどういうふうに資産を配分していけばいいのか?
ししまるは「my INDEX」の「資産配分ツール」を使ってみました( ´∀`)

my INDEX」は、インデックス投資についての勉強ができたり、ツールが使える便利なサイトです。

早速「資産配分ツール」を使って、橘玲さんが「臆病者のための株入門 (文春新書)」でオススメしていた「世界市場ポートフォリオ」を作成してみました。


提供:わたしのインデックス

平均リターン5.5%
リスク17.5%
シャープレシオ0.31

※シャープレシオとは、投資効率をはかる指標で、複数の資産やファンドを比較する際に使用されます。
シャープレシオの数値が高いほど、「取るリスクに対して、得られるリターンが大きい」ことを意味し、投資効率が良い資産といえます。

「世界市場ポートフォリオ」は、なんだかリターンに対してリスクが高すぎる気がします。
また、資産をすべて株式で持つのはししまるはなんだか不安です。(株式はハイリスク・ハイリターン商品のため)

そこで、次は内藤忍さんがおすすめするアセットアロケーションを作成してみました。


提供:わたしのインデックス

平均リターン2.8%
リスク9.3%
シャープレシオ0.30

今度はリターンがえらく低くなってしまいました(;´∀`)

この原因は日本株式を30%も持ったためです。

みんなのポートフォリオ

※クリックで拡大します。

みんなのポートフォリオを見ると、「日本株」がハイリスク・ローリターンな商品なのが分かります(過去20年間の実績)。

また、「現金」はローリスク・ローリターン。
「新興国(エマージング)株」は超ハイリスクな割に、リターンは「新興国(エマージング)債券」とあまり変わりません。

「先進国株式」「「日本債権」「先進国債券」「新興国(エマージング)債券」「先進国REIT」はリスクとリターンが比例した良い商品だという事がわかります。

なので、次はこれらの良い商品を組み合わせてシャープレシオの高いポートフォリオを作ってみたいと思います。

スポンサーサイト


( 2010/11/14 14:07 ) Category アセットアロケーション | TB(0) | CM(0)


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Twitterもやってますので、フォローお願いします。@sisi_marun
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Twitterボタン


月別アーカイブ
最新トラックバック
全記事表示リンク
Ads




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。